ポテチレビュー

〈日本初チップス〉「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」を食べてみた

こんにちは。ポテトチップス王子です。

先日、スーパー(成城石井)に買い物に行った際に、「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」を見かけました。

以前に「フラ印 マウイチップス カイソルト味」を食べて、その程よい塩味と堅揚げの食感が気に入っていましたので、こちらのガーリックシュリンプ味も食べてみたいと思い購入しました。

本日は、こちらの「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」を実食した感想と評価についての記事を書いていきたいと思います。

スーパーやコンビニなどで「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」を見かけて気になっていたという方は、是非参考にしてみてください。

それでは記事本文に移ります。

「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」とは

「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」は、「株式会社ソシオ工房」が製造・販売しているポテトチップスです。

「株式会社ソシオ工房」は、2003年に設立されたポテトチップスメーカーで、子これからご紹介する「フラ」ブランドのポテトチップスを主に取り扱っています。

こちらの「フラ」ブランドのポテトチップスですが、日本で最初に作られた老舗のポテトチップスとしてそのブランド名を知られています。

戦前にハワイでポテトチップスの製造に関わっていた浜田音四郎さんが、戦後に日本でのポテトチップスの製造を始めたことが「フラ」ブランドのポテトチップスの始まりといわれています。

「フラ」ブランドのポテトチップスには、いわゆる通常の「ポテトチップスシリーズ」と、堅揚げ(ケトル)系の「マウイチップスシリーズ」の2種類が展開されていて、今回ご紹介するのは「マウイチップスシリーズ」のガーリックシュリンプ味となります。

それでは実食に移りたいと思います。

「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」を実食

まずは袋の表面です。

「フラ」ブランドのマスコットキャラクターである、フラダンスを踊るハワイの?女性が描かれています。

カイソルト味がブルーの下地だったのに比べ、ガーリックシュリンプ味はシュリンプ(えび)を意識してか、桜色の下地になっています。

内容量が150グラムあることもあり、袋は通常のポテトチップスに比べて大きめです。

続いては袋の裏面です。

商品説明や原材料、栄養成分表示などが記載されています。

内容量は150グラムと、相変わらずマウイチップスシリーズらしいボリューミーな内容量になっています。

栄養成分については、以前ご紹介したカイソルト味とほとんど同じような数値となっていました。やはり釜揚げ製法(ケトル)のためか、通常のポテトチップスに比べると脂質が抑えめのようです。

フラ印 マウイチップス
ガーリックシュリンプ味
(100グラム)
一般的なポテトチップス
(60グラム)
カロリー509キロカロリー332キロカロリー
タンパク質6.2グラム2.8グラム
脂質26.1グラム21.1グラム
炭水化物62.0グラム32.8グラム
食塩相当量1.0グラム0.6グラム
https://calorie.slism.jp/118025/、栄養成分表示をもとに作成

それでは開封していきます。

袋を開封すると、濃厚なガーリックの香りが立ち上ってきます。

マウイチップスシリーズ特有の堅揚げで一枚一枚が小さい外観と併せて、食欲が湧いてきます。

食べてみると、まずは厚切り釜揚げ特有の堅めの歯応えのある食感を楽しむことができ、噛んでいくうちにガーリックとシュリンプ(えび)の旨味が滲み出てきます。

ガーリックシュリンプ味が絶妙なバランスでしっかりとついており、食べるのを止められない美味しさです。

流石に150グラムの大容量でしたので一度には食べず2回に分けて食べましたが、油断していると全て食べてしまったかもしれません。

「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」の評価

「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」に対する僕の評価は以下の通りです。

おすすめ度★★★★★
食感パリパリ ・・★・・ ザクザク
ボリュームボリューム満点 ●・・・・ 食べきりサイズc
フレーバークラシック ・●・・・ トリッキー
価格お手軽 ・●・・・ 高級品

総合のおすすめ度は★5つとさせていただきました。

期待していた通り、「フラ印 マウイチップス」シリーズの歯応えのある食感とベースのジャガイモの旨味に加え、ガーリックシュリンプの濃厚なフレーバーが加わり、非常に完成度の高い製品となっていました。

食感は、厚切り釜揚げ製法(ケトル)によって、歯応えの強いポリポリ系の食感に仕上がっています。

ボリュームは一袋150グラムと、1人で一度には食べきれない大ボリュームとなっていますので、複数人で食べるか、保管をして何度かに分けて食べることをお勧めします。

フレーバーは、ガーリックとシュリンプの旨味が上手く組み合わさっており、どちらが欠けてもこの味は出ないと思われる旨味が出ていました。

価格は一袋300−400円程度と一袋の価格としては少し高めには見えますが、このボリューミーな内容量であれば妥当なレベルではないかと思います。

「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」を食べてみよう

さて、いかがでしょうか。

この記事を読んで「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」が気になった方は是非トライして頂ければと思います。

私は今回、スーパーの成城石井で購入しましたが、もし近くに販売しているスーパーやコンビニがないようでしたら、通販で購入されるのが良いかもしれません。

以上、〈日本初チップス〉「フラ印 マウイチップス ガーリックシュリンプ味」を食べてみたでした!

-ポテチレビュー
-, , ,

© 2021 ポテトチップス王国 Powered by AFFINGER5