ポテチレビュー

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を食べてみた

こんにちは。ポテトチップス王子です。

先日、スーパーに「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」が並んでいるのを発見しました。

今までにスコットランド製の「Mackies(マッキーズ)」のポテトチップスはいくつか食べてきて高評価だったため、購入を決めました。

今日は、「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の紹介と実食についての記事を書いていきたいと思います。

 

本商品を見かけてどんな味か気になっていたという方、何か新しい味のポテトチップスを食べてみたいという方は是非参考にしてみて下さい。

それでは記事本文に移ります。

 

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の紹介

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」は、イギリス・スコットランドのポテトチップスメーカーである「Mackies(マッキーズ)」が製造・販売しているポテトチップスです。

Mackie's(マッキーズ)とは?

Mackie's(マッキーズ)は、2009年にスコットランド・パースシャー地方のテイラー家と、マッキー家が、共同でポテトチップス製造会社を立ち上げたことが始まりです。

マッキー家の方はもともと高級アイスクリームの製造・販売で名前を知られていましたが、スナック業界へ進出するにあたって、ジャガイモ農家大手のテイラー家との協業を決めたようです。

 

創業当初は、シーソルト味、シーソルト&ビネガー味、チェダーオニオン味の3種類に絞って、ポテトチップスの生産と販売を始めました。

その後、事業が好調になるに従って新しいフレーバーを投入していき、今では17種類のフレーバーを販売しています。

 

2011年以降、ヨーロッパ・中東・アジアの各国に進出し、最近では日本での売り上げも急上昇中ということで、勢いのあるポテトチップスメーカーと言えそうです。

 

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」とは?

そんな「Mackies(マッキーズ)」は、上記の通り2021年現在では17種類のポテトチップスを販売しています。

その中でも、「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」は、上述の通り「Mackies(マッキーズ)」創業当初からの伝統のフレーバーです。

イギリスを代表するチーズであるチェダーチーズですが、十分に熟成したものは芳醇な風味とシャープな味わいを醸しだすようになります。

本商品は、熟成されたチェダーチーズの旨味とオニオン(タマネギ)の旨味の組み合わせを楽しむことが出来るフレーバーとなっています。

 

チェダーオニオン味は、フランスの「Bret(ブレッツ)」からも発売されており、海外ではポピュラーな味なのかもしれません。

「Mackies(マッキーズ)」のプレミアムなポテトチップスとチェダーオニオンの相性がどのようなものか、気になります。

それでは実食に移っていきたいと思います。

 

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を実食

まずは袋の表面を見てみます。

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の袋の表面

海外のポテトチップスらしい、シンプルな下地に英語で製品名とフレーバー名が記載されたデザインです。

深緑色の落ち着いた、大人っぽい色合いが特徴的です。

内容量は一袋40グラムということで、袋の大きさは小さめの部類に入ると思います。

次は、袋の裏面を見てみます。

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の袋の裏面

主に商品の紹介、原材料表示、栄養成分表示が記載されています。

原材料は、基本のジャガイモとヒマワリ油、食塩に加え、チェダーチーズパウダー、オニオンパウダーをはじめとした調味料が使用されています。

栄養成分は、一般的なポテトチップスに比べると脂質が抑えめで、カロリーも少し低めといえます。

 Mackies(マッキーズ)
ポテトチップス
チェダーオニオン味
(40グラム)
一般的なポテトチップス
(60グラム)
カロリー200 キロカロリー332 キロカロリー
タンパク質2.5 グラム2.8 グラム
脂質11.0 グラム21.1 グラム
炭水化物22.0 グラム32.8 グラム
食塩相当量0.5 グラム0.6 グラム
https://calorie.slism.jp/118025/、商品栄養成分表示をもとに作成

それでは、袋を開封していきます。

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を開封

袋を開けると、「Mackies(マッキーズ)」らしい、厚めにカットされたプレミアム感のある黄金色のポテトチップスが姿を表します。

チェダーオニオンの調味料のせいか、他のポテトチップスに比べると少しオレンジっぽい色味です。

また、パセリが振りかけられているのが分かります。

匂いは、袋に鼻を近づけると、海外のポテトチップス特有の香ばしい香りに加え、熟成したチェダーチーズの濃厚な香りが香ってきます。

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の一枚のアップ

しっかり揚げられた厚めカットのポテトチップスを口に運ぶと、歯ごたえのある食感を楽しむことが出来ます。

フレーバーはしっかり目に付けられていて、まずは熟成されたチェダーチーズとオニオンの濃厚な旨味が強く感じられます。

ねっとりととろけるような旨味です。

その後、かみ砕いていくうちに、厚めのポテトチップスから徐々にジャガイモの甘みが染み出てくるような印象です。

塩味はしっかりついていて、濃厚なフレーバーも相まってポテトチップス一枚一枚の中に、たくさんの旨味が濃縮されているように感じます。

 

濃厚なチェダーオニオンの旨味を楽しんでいたら、一袋40グラムと少なめなこともあり、あっという間に完食してしまいました。

 

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の評価

僕の、「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」への評価は以下の通りです。

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」への評価
おすすめ度
食感パリパリ ・・・●・ ザクザク
ボリュームボリューム大 ・・・●・ 食べきり
フレーバークラシック ・●・・・ トリッキー
価格お手軽 ・・・●・ 高級品

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の総合のおすすめ度

総合のおすすめ度は★4つとさせて頂きました。

「Mackies(マッキーズ)」の厚めにカットされた上質なポテトチップスに、チェダーオニオンの濃厚な旨味が加えられた一品です。

ポテトチップス一枚の中に、ジャガイモやチェダーオニオンのいろいろな旨味が濃縮されていて、一枚一枚を噛みしめるように食べられます。

フレーバー付きのポテトチップスとして、シンプルに美味しい完成度の高い一品だと感じました。

さすが、「Mackies(マッキーズ)」創業当初からのフレーバーだけあります。

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の個別要素の評価

食感は、厚めにカットされていてしっかりと揚げられているため、歯ごたえのある、ザクザクとカリカリの間くらいの食感です。

ボリューム一袋40グラムと、一般的なポテトチップスに比べると少なめです。

厚切りで枚数も少ないため、1人でも十分に食べきることの出来る量で、二人以上で食べるとすこし物足りないかもしれません。

フレーバーは、熟成されたチェダーチーズとオニオンの、ねっとりとした濃厚な旨味が凝縮されています。

価格は、僕が店頭で購入した際は一袋250円程度でした。

やはり、輸入品ということで少々お高めではありますが、プレミアムなポテトチップスということで、その価値はありそうです。

 

「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を食べてみよう

さて、いかがでしょうか。

この記事を読んで「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」が気になった方は是非一度試してみて頂ければと思います。

私は今回、スーパーで購入しましたが、もし近くに販売しているお店が見当たらなかったり、外出が面倒だということでしたら、通販で購入されるのが良いかもしれません。

 

以上、「Mackies(マッキーズ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を食べてみた、でした!

-ポテチレビュー
-, ,

© 2021 ポテトチップス王国 Powered by AFFINGER5