イギリスのポテチ ポテチレビュー

〈イギリス製〉「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」を実食

こんにちは。

先日、スーパーに買い物に行った際に、「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」を見かけました。

Tyrrells(ティレル)のポテトチップスは以前にも何袋か購入・実食してきて高評価だったので、今回も購入することにしました。

今回は、本商品を実食した感想と評価についての記事を書いていきたいと思います。

 

以下のような方は、本記事を参考にして頂ければと思います。

この記事はこんな方におすすめ

  • 「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」を購入しようか迷っている
  • 海外ブランドの変わったポテトチップスを食べてみたい

それでは記事本文へ移ります。

「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」の紹介

「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」は、イギリスのスナック菓子メーカーの「Tyrrells(ティレル)」が製造しているポテトチップスです。

「Tyrrells(ティレル)」とは?

「Tyrrells(ティレル)」は、2002年にイギリスのヘレフォードシャー州の農家がポテトチップスを製造したことから始まります。

最初は近隣の店舗に数種類のポテトチップスを展開するのみでしたが、販売が上向くにつれ販売地域とラインアップを拡大していきます。

現在では、欧州を初めとして世界中に展開し、商品もポテトチップス以外に野菜チップスやポップコーンなど様々なスナックを提供しています。

同社のポテトチップスは、地元ヘレフォードシャー州の近隣の農家で採れた農作物の使用と、小ロットの手作り生産にこだわりを持っています。

また、ジャガイモの皮を剥かないでそのままカットして揚げているのも、同社のポテトチップスの特徴の一つです。

「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」とは?

同社は2022年時点で16種類のポテトチップスを販売しており、本商品はその1フレーバーです。

「チェダー&チャイブ」という名の通り、本商品には熟成されたチェダーチーズとチャイブ(西洋アサツキ)がフレーバーに使用されています。

チェダーチーズはイギリス発祥のセミハードチーズで、熟成されたものは旨味を増して、芳醇でシャープな味わいを楽しむことが出来ます。

一方、チャイブはヨーロッパで使われるハーブの一種で、見た目は長ねぎのようで、味や香りは玉ねぎにも似ています。

海外のポテトチップスによくあるフレーバーとして「チーズ&オニオン」がありますが、本商品もその亜種といって良さそうです。

それでは実食していきたいと思います。

「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」を実食

まずは袋の表面です。

チェダーチーズをイメージしてか、黄色を基調としたおしゃれなデザインのパッケージです。

パッケージの上部の大きなチェダーチーズを抱えた女性はチーズ専門家のエディスさんで、本商品にも関わりのある方のようです。

袋の大きさは、一袋150グラムということで一般的なポテトチップスに比べると大きめです。

次は袋の裏面です。

主に商品の説明と原材料・栄養成分の表示がされています。

原材料は、ジャガイモとひまわり油、食塩といった基本的な原材料に加え、チェダーチーズパウダーをはじめとした調味料が数種類加えられています。

また、グルテンフリーの表示もあり、オーガニックで健康に配慮した製品であることが伺えます。

栄養成分は、一般的なポテトチップスと比べるとカロリーと脂質が若干抑えめの一方で、食塩相当量は僅かに多めです。

 Tyrrells(ティレル)
ポテトチップス
チェダー&チャイブ
(60グラム)
一般的なポテトチップス
(60グラム)
カロリー305 キロカロリー332キロカロリー
タンパク質4.2 グラム2.8グラム
脂質17.8 グラム21.1グラム
炭水化物31.7 グラム32.8グラム
食塩相当量0.78 グラム0.6グラム
https://calorie.slism.jp/118025/ 、商品栄養成分表示をもとに作成

それでは袋を開封します。

袋を開封すると、チーズパウダーが振りかけられることで黄色味を増した、黄金色のポテトチップスが姿を現します。

主にチェダーチーズの香ばしい香りが袋からやや強めに香ってきます。

ポテトチップスの厚さはTyrrells(ティレル)らしいやや薄めのカットで、釜揚げ(ケトル)されたクシャっとした見た目をしています。

ポテトチップスを口に運ぶと、薄めカットのパリパリ感が有りながらも釜揚げのカリカリ感も味わうことが出来ます。

味の第一印象としては濃厚な味の印象で、チェダーチーズとチャイブの濃厚な旨味を感じる、味が濃いめの仕上がりになっています。

ジャガイモの旨味は適度にありますがフレーバーが勝っているようなイメージで、油は工程でしっかり切られているためか油っぽさは感じません。

全体として、濃厚な味わいと噛んだ時の爽快感、そして油っぽさのないサッパリとした食べ味で手がどんどん進みます。

一袋150グラムとかなり多めですが、濃厚な味でついつい手が進んでしまい、一回で完食してしまいました。

「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」の評価

僕の「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」への評価は以下の通りです。

「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」への評価
おすすめ度
食感パリパリ ・●・・・ ザクザク
ボリュームボリューム大 ・・・●・ 食べきり
フレーバークラシック ・●・・・ トリッキー
価格お手軽 ・・・●・ 高級品

「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」の総合のおすすめ度

総合のおすすめ度は★4.5とさせて頂きました。

Tyrrells(ティレル)らしい食べていて心地の良い食感に、熟成チェダーチーズとチャイブの濃厚な旨味が加わった、完成度の高い一品です。

濃厚な旨味でありながら油っぽさや重さは無いので、どんどん食べ進むことが出来ます。

ただ、フレーバーが強いためか少し味の濃さ(しょっぱさ)を感じる場面もありましたので、飲み物と一緒に食べる方がよいかもしれません。

「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」の個別要素の評価

食感は、ケトル(堅揚げ)のカリカリとした食感です。

ジャガイモの皮付きで揚げられているため歯ごたえはありますが、どちらかというとパリパリに近い食感です。

ボリューム一袋150グラムと、一般的なポテトチップスに比べるととても大きめです。

複数人(2~3人)で食べるか、一人で食べる場合には保管をして何日かに分けて食べることをおススメします。

フレーバーは、チーズ&オニオンに似た定番の味ではありますが、熟成されたチェダーチーズのより強い旨味を楽しめる一品です。

価格は僕が購入した際は一袋800円弱でした。

内容量も多いのと、輸入品かつオーガニックなブランドなので、やはり価格設定はお高めとなっています。

「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」を食べてみよう

さて、いかがでしょうか。

この記事を読んで「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」が気になった方は、是非一度試して頂ければと思います。

僕は今回スーパーで購入しましたが、もし近くに販売しているお店が無かったり、外出が面倒くさいという方は通販で購入されるのが良いかもしれません。

 

また、以下の記事で「Tyrrells(ティレル)」の他のフレーバーもまとめて紹介していますので、良ければこちらもご覧ください。

こちらもCHECK

「Tyrrells(ティレル)」のポテトチップスをまとめて紹介〈イギリス製自然派〉

こんにちは。ポテトチップス王子です。   イギリスは、国内に拠点を置くポテトチップスメーカーがいくつも存在する、ポテトチ ...

続きを見る

以上、「〈イギリス製〉「Tyrrells(ティレル) ポテトチップス チェダー&チャイブ」を実食」でした!

-イギリスのポテチ, ポテチレビュー
-, , ,

© 2022 ポテトチップス王国 Powered by AFFINGER5