ポテチレビュー 日本のポテチ

〈石川県ご当地チップス〉「奥能登しおポテトチップス うすしお」を実食

こんにちは。

今回は「奥能登しおポテトチップス うすしお」を実食した感想について書いていきたいと思います。

 

以前にネットで見かけて気になっていたのですが、塩にこだわったポテトチップスはどんな味だろうと思い、今回初めて購入しました。

以下のような方は、本記事を参考にして頂ければと思います。

この記事はこんな方におすすめ

  • 「奥能登しおポテトチップス うすしお」を購入するかどうか迷っている
  • 塩にこだわった石川のご当地ポテトチップスを食べてみたい

それでは記事本文へ移ります。

「奥能登しおポテトチップス うすしお」の紹介

「奥能登しおポテトチップス うすしお」は、石川県に関わる様々な事業を展開している「株式会社Ante」がプロデュースしているポテトチップスです。

ポテトチップスの製造自体は、ご当地ポテトチップスの生産を受託している「松浦食品株式会社」が行っています。

「株式会社Ante」とは?

「株式会社Ante」は、石川県に本社を置く会社で、石川県の農産物や伝統技術を利用した商品開発を通じて地域活性化に取り組んでいる会社です。

事業内容は多岐にわたっていますが、「DENEN SHOP(デンエンショップ)」や「しお・CAFE」など、その名の通り「奥能登の塩」のPRに力を入れているようです。

「DENEN SHOP(デンエンショップ)」では、ポテトチップスのほか、塩サイダーや塩シャンメリーなどユニークな商品が販売されています。

DENEN SHOP(デンエンショップ)はこちら:https://denen.shop/

「奥能登しおポテトチップス うすしお」とは?

「奥能登しおポテトチップス うすしお」は、その名の通り奥能登の塩を使用した、こだわりの石川県ご当地ポテトチップスです。

石川の奥能登は、塩田を使用した「揚げ浜式製法」と呼ばれる伝統的な塩づくりが日本で唯一現存している地域です。

海水を塩田と呼ばれる砂地に撒いて乾燥させ、濃縮した塩分を取り出して更に煮詰め、灰汁どりや選別を経て、奥能登の塩は完成します。

これだけ手間ひまをかけた塩を使ったポテトチップスということで、どんな味わいかとても気になります。

早速実食していきたいと思います。

「奥能登しおポテトチップス うすしお」を実食

まずは袋の表面です。

白地にポテトチップスが一枚と、非常にシンプルで洗練されたデザインです。

中央に商品名が記載されている他、ポテトチップスの製法が釜揚げ製法であることが分かります。

袋の大きさは、内容量が65グラムのため普通の大きさですが、通常のポテトチップスに比べると袋の前後の厚さはスリムです。

次は袋の裏面です。

裏側には原材料・栄養成分表示のほか、こだわりの奥能登の揚げ浜式製塩法に関する説明が記載されています。

原材料は、塩の味を引き立てるため、ジャガイモ・食塩・植物油のみのシンプルな材料で作られているようです。

栄養成分については、一般的なポテトチップスと比べると、塩分が半分以下と控えめになっています。

 株式会社Ante
奥能登しおポテトチップス うすしお
(60グラム)
一般的なポテトチップス
(60グラム)
カロリー355 キロカロリー332キロカロリー
タンパク質2.6 グラム2.8グラム
脂質24.0 グラム21.1グラム
炭水化物31.04 グラム32.8グラム
食塩相当量0.28 グラム0.6グラム
https://calorie.slism.jp/118025/ 、商品栄養成分表示をもとに作成

それでは袋を開封します。

色は、カリッと揚げられた黄色目の色で、一枚の大きさは小さめ~中くらいです。

香りは強めに感じられ、袋を開けるとジャガイモと油のジューシーで香ばしい香りを感じられます。

カットは向こう側が透けるくらい薄めで、パリパリとした心地よい食感を楽しめます。

味の第一印象はジューシーな印象で、想像よりは塩味が控えめでジャガイモの自然な旨味を感じます。

塩分の含有量が通常のポテトチップスの半分程度と少なめなことに加え、奥能登の塩がマイルドな味なのかもしれません。

油は見た目通り強めの印象で、厚さは薄いにもかかわらず食べ応えがあります。

一袋65グラムということや、予想以上に自然な味わいということもあり、あっという間に完食してしまいました。

「奥能登しおポテトチップス うすしお」の評価

僕の、「奥能登しおポテトチップス うすしお」への評価は以下の通りです。

「奥能登しおポテトチップス うすしお」への評価
おすすめ度
食感パリパリ ●・・・・ ザクザク
ボリュームボリューム大 ・・・●・ 食べきり
フレーバークラシック ●・・・・ トリッキー
価格お手軽 ・・●・・ 高級品

「奥能登しおポテトチップス うすしお」の総合のおすすめ度

総合のおすすめ度は★4.0とさせて頂きました。

そのネーミングとポテトチップス自体の見た目から、塩味が強めと想像していましたが、思ったよりナチュラルな味わいでした。

その分、奥能登の塩が自然なジャガイモと油のジューシーさを引き立ててくれるようなバランスの良い製品です。

個人的にはもう少し塩味を楽しめると嬉しいと思いましたので、★4とさせていただきます。

「奥能登しおポテトチップス うすしお」の個別要素の評価

食感は、薄めのカットで、ジャガイモの厚さというよりはパリパリとした食感を楽しむことが出来ます。

ボリュームは、一袋65グラムで一人で食べるのに丁度良いくらいのサイズです。

カロリーが気になる人は2回くらいに分けて食べるのが良いと思います。

フレーバーは、非常にクラシックなうす塩味で、ジャガイモの素朴な旨味と油と塩の味を楽しむことが出来ます。

価格は、2022年現在、4袋で1,779円+送料のため、普通のポテトチップスに比べると少し高めかもしれません。

こだわりの塩を使っていますので、高級志向の違いの分かる方に特におススメします。

「奥能登しおポテトチップス うすしお」を食べてみよう

さて、いかがでしょうか。

この記事を読んで、「奥能登しおポテトチップス うすしお」を食べてみたいと思われた方は、ぜひ試していただければ嬉しいです。

石川へ直接出向くのが難しい方は、オンラインショップで購入されるのが良いと思います。

 

以上、「〈石川県ご当地チップス〉「奥能登しおポテトチップス うすしお」を実食」でした!

-ポテチレビュー, 日本のポテチ
-,

© 2022 ポテトチップス王国 Powered by AFFINGER5