ポテチレビュー

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」を食べてみた

こんにちは。ポテトチップス王子です。

先日、スーパーに買い物に行った際に、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」を見かけました。

今までフランス産のポテトチップスを見たことが無かったことと、コンテチーズ味という珍しいフレーバーだったため、迷わず購入をしました。

本日は、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」を実食した感想と評価についての記事を書いていきたいと思います。

 

スーパーで本商品を見かけて購入を迷っている方や、普段あまり食べないポテトチップスを試してみたいという方は、是非参考にしてみて下さい。

それでは記事本文に移ります。

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」の紹介

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」は、フランスのポテトチップスメーカーであるBrets(ブレッツ)が製造・販売しているポテトチップスです。

「Brets(ブレッツ)」とは?

「Brets(ブレッツ)」の歴史は、1991年にフランス北西部のブルターニュ地方で、アラン・グロン氏がジャガイモ農家と協業したことから始まります。

1995年には、ブルターニュのポテトチップス工場を一から立ち上げ、本格的にポテトチップスの製造事業がスタートします。

その後も同社は順調に拡大し、特にフランスでのフレーバー付きポテトチップス市場では2番目の地位まで高まっているようです。

 

現在は、そのフランス国内で培ったブランド力を活かし、海外への展開にも力を入れています。

また、同社は、2010年にはパーム油からひまわり油への全面切替を行い、2012年には食塩相当量を25%抑えるなど、健康と環境に配慮したポテトチップス作りを進めています。

以下の記事では「Brets(ブレッツ)」のポテトチップスをまとめて紹介していますので、興味があればチェックしてみてください。

こちらもCHECK

「Brets(ブレッツ)」のポテトチップス4種類をまとめて紹介

こんにちは。ポテトチップス王子です。   フランスでのポテトチップスの売上高は2020年にはなんと15億ドルに達していて ...

続きを見る

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」とは?

今回ご紹介する「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」は、「Brets(ブレッツ)」の人気フレーバーの一つです。

フランス製ジャガイモやひまわり油などの原材料にこだわったポテトチップスに、熟成コンテチーズを使用したフランスらしい味付けです。

コンテチーズとは、主にフランスのジュラ山脈一帯で作られるハードタイプチーズのことです。

冬の寒さが厳しい山の上で、越冬のための長期保存を目的として作られたチーズで、水分が少なくぎゅっと詰まったコクのあるうまみが特徴です。

コンテチーズの旨味がポテトチップスにどんな影響を与えるのか、気になります。

それでは実食に移りたいと思います。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」を実食

まずは袋の表面です。

濃い緑が基調のデザインで、ポテトチップスとチーズの黄金色が良く映えます。

上のロゴにはフランスの国旗と「フランスのポテトチップス」の記載があり、フランスのポテトチップスであることが一目でわかります。

また、下部のポテトチップスの絵には「本当のフランスのジャガイモ」、「ひまわり油」と説明がされており原材料へのこだわりが伺えます。

次は袋の裏面です。

裏側には商品の説明や原材料・栄養成分表示などが記載されています。

ブルターニュ地方をベースとしたポテトチップスであることが改めて記載されています。

栄養成分は一般的なポテトチップスとほぼ同じ程度ですが、若干脂質が少な目で食塩相当量が多めの印象です。

 Brets(ブレッツ)
ポテトチップス
コンテチーズ味
(100グラム)
一般的なポテトチップス
(60グラム)
カロリー525 キロカロリー332 キロカロリー
タンパク質6.0 グラム2.8 グラム
脂質31.0 グラム21.1 グラム
炭水化物53.0 グラム32.8 グラム
食塩相当量1.6 グラム0.6 グラム
https://calorie.slism.jp/118025/、商品栄養成分表示をもとに作成

それでは袋を開封していきます。

開けてみると、厚みのあるザクザク系のポテトチップスが姿を表します。

ザクザク系に特徴のギザギザとしたカットもついています。

香りはわずかにチーズの香りが漂ってきます。思っていたよりは香りは激しくない印象です。

近づいてよく見てみると、表面にチーズの粉がまぶしてあります。

口に含んでみると、見た目通りのザクザクとした食感に、チーズのまろやかな香りと味わいを感じることが出来ます。

カルビーのピザポテトのような派手な味ではありませんが、落ち着いたチーズの味をしっかりと感じます。

フランスらしいワインと良く合う味わいに仕上がっています。

125グラムと少し多めの内容量ではありますが、一枚一枚が大きく味がまろやかなこともあり、ついつい食べ過ぎてしまいました。

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」の評価

僕の、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」への評価は以下の通りです。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」への評価
おすすめ度
食感パリパリ ・・・●・ ザクザク
ボリュームボリューム大 ・●・・・ 食べきり
フレーバークラシック ・●・・・ トリッキー
価格お手軽 ・・・●・ 高級品

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」の総合のおすすめ度

総合のおすすめ度は★4つとさせて頂きました。

まろやかで落ち着きつつもしっかりとしたチーズの香りと味が、ザクザク系のカットに良く合う安定した味わいです。

フランス・ブルターニュ産のポテトチップスの味を楽しむことができます。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」の個別要素の評価

食感は、厚切りカットでザクザク系の食感に仕上がっています。

ギザギザの溝が入っていてチーズの味も馴染みやすいのではないかと思います。

ボリュームについては、一袋125グラムとボリューム大きめとなっています。

パーティなどで複数人で食べるか、何回かに分けて食べることをお勧めします。

フレーバーは、コンテチーズのまろやかな香りと味わいを楽しむことができます。

ピザポテトのようなハッキリとした味を期待している方にとっては少し物足りないかもしれませんが、これくらいが大人の味わいと言えると思います。

価格は、僕がスーパーで購入した際には一袋400円程度でした。

フランスからの輸入品であることや一袋の数量も大きめであることを考えると、大人のポテトチップス として仕方ないと思えるレベルかと思います。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス  コンテチーズ味」を食べてみよう

さて、いかがでしょうか。

この記事を読んで、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」が気になった方は、是非一度試してみて頂きたいと思います。

僕は今回スーパーで購入しましたが、近くで販売しているお店が見つからない、外出が面倒くさいという方は通販で購入されるのが良いかもしれません。

 

また、「Brets(ブレッツ)」の他のフレーバーが気になる方はこちらも読んでみてください。

こちらもCHECK

「Brets(ブレッツ)」のポテトチップス4種類をまとめて紹介

こんにちは。ポテトチップス王子です。   フランスでのポテトチップスの売上高は2020年にはなんと15億ドルに達していて ...

続きを見る

以上、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス コンテチーズ味」を食べてみた、でした!

-ポテチレビュー
-, , , ,

© 2021 ポテトチップス王国 Powered by AFFINGER5