ポテチレビュー

〈フランス製〉「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を食べてみた

こんにちは。ポテトチップス王子です。

先日、スーパーへ買い物に行った際に、店頭で「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」が販売されているのを見かけました。

以前「Brets(ブレッツ) コンテチーズ味」を実食しましたが、その時の濃厚なチーズの味わいを思い出しまして、他のフレーバーも食べてみたいと思い購入することにしました。

今回は、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を実食した感想と評価についての記事を書いていきたいと思います。

 

スーパーで「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を見かけて購入を迷っている方や、普段あまり食べないようなポテトチップスを試してみたいという方は、是非参考にしてみて下さい。

それでは記事本文に移ります。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の詳細

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」は、フランスのポテトチップスメーカーである「Brets(ブレッツ)」が製造・販売しているポテトチップスです。

「Brets(ブレッツ)」とは?

「Brets(ブレッツ)」の歴史は、1991年にフランス北西部のブルターニュ地方で、アラン・グロン氏がジャガイモ農家と協業したことから始まります。

1995年には、ブルターニュのポテトチップス工場を一から立ち上げ、本格的にポテトチップスの製造事業がスタートします。

その後も同社は順調に拡大し、特にフランスでのフレーバー付きポテトチップス市場では2番目の地位まで高まっているようです。

現在は、そのフランス国内で培ったブランド力を活かし、海外への展開にも力を入れています。

また、同社は、2010年にはパーム油からひまわり油への全面切替を行い、2012年には食塩相当量を25%抑えるなど、健康と環境に配慮したポテトチップス作りを進めています。

※パーム油とひまわり油の違いはこちらをご参照ください。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」とは?

今回ご紹介する「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」は、そんな「Brets(ブレッツ)」こだわりのジャガイモと、チェダーオニオンのフレーバーを楽しめる一品です。

特にオニオン(玉ねぎ)については、同じくフランスのブルターニュ地方にあるロスコフという町のオニオンを使用しています。

このロスコフ、オニオンの名産地として非常に有名で、ロスコフのオニオンはフランス政府からAOC認証を受ける由緒ある農産品のようです。

イギリスで人気のチェダーチーズとロスコフの由緒あるオニオンのマリアージュを楽しめると思うと非常に楽しみです。

それでは実食に移っていきます。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を実食

まずは袋の表面です。

 

以前ご紹介した「コンテチーズ味」は落ち着いた濃い緑色のパッケージでしたが、こちらは赤ワインのような深い赤色のパッケージです。

フレーバーに使用されているチェダーチーズとオニオン、そしてジャガイモのイラストが大きく描かれています。

袋の大きさは、内容量が一袋125グラムということで、一般的なポテトチップスの袋よりは少し大きめです。

次は袋の裏面です。

 

裏面には、商品の説明と原材料表示、栄養成分表示が主に記載されています。

商品説明では、ブルターニュ地方をベースにして活動していることや、環境に考慮したポテトチップスであることが説明されています。

原材料は、遺伝子組み換えでないジャガイモとひまわり油をベースに、オニオンパウダーやチーズパウダー等がフレーバー付けのために使用されています。

栄養成分は一般的なポテトチップスとほぼ同じ程度ですが、若干脂質が少な目で食塩相当量が多めの印象です。

 

 Brets(ブレッツ)
ポテトチップス チェダーオニオン味
(100グラム)
一般的なポテトチップス
(60グラム)
カロリー525キロカロリー332キロカロリー
タンパク質6.0グラム2.8グラム
脂質31.0グラム21.1グラム
炭水化物53.0グラム32.8グラム
食塩相当量1.4グラム0.6グラム
https://calorie.slism.jp/118025/、栄養成分表示をもとに作成

それでは開封していきたいと思います。

 

袋を開けると、厚手でギザギザカットのポテトチップスが姿を現します。

それと同時に濃厚なチーズとオニオンの匂いが香ってきます。

濃厚な匂いで、ついついよだれが出てきてしまいます。

 

口に運ぶと、厚手のポテトチップスだけあって、ザクザクとした食感を感じることが出来ます。

一枚一枚が大きいこともあり、食べ応えがあります。

そして肝心のフレーバーですが、まずはオニオンの旨味や風味がかなり感じられて、まるでオニオンスープを食べているような気分です。

そして、チェダーチーズのこってりとした旨味も同時に感じられます。

油のしつこさはあまり感じられず、ジャガイモのザクザクした感触とフレーバーの旨味がマッチングした素晴らしい味わいでした。

一袋125グラムと大きい部類ですが、ワインと合わせて食べていたら、あっという間に食べきってしまいました。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の評価

僕の、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」への評価は以下の通りです。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」への評価
おすすめ度
食感パリパリ ・・・●・ ザクザク
ボリュームボリューム大 ・●・・・ 食べきり
フレーバークラシック ・●・・・ トリッキー
価格お手軽 ・・・●・ 高級品

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の総合のおすすめ度

総合のおすすめ度は★5とさせて頂きました。

オニオンとチェダーチーズのバランスの良い旨味が、厚手でザクザク食感のポテトチップスによくマッチしていました。

また、「コンテチーズ味」は少し味が薄めな印象だったのですが、こちらはしっかりと味がついていて、間延びしている感触が無かったことも好印象です。

特にお酒のおつまみとして、2~3人くらいで食べるのに丁度良いポテトチップスではないかと思いました。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」の個別要素の評価

食感は、厚手かつギザギザのカットが施されていて、ザクザクとした食感に仕上がっています。

ボリュームは、一袋125グラムと一般的なポテトチップスに比べて大きめです。複数人で食べるか複数回に分けることをおススメします。

フレーバーは、オニオンとチェダーチーズの旨味が混ざっていて、コンソメ味にも少し近いようにも感じられました。

価格は、僕が購入した際は一袋500円弱と、やはり輸入品ということでお高めな価格設定です。

ただ、一袋の内容量が多めなので、グラム当たりで考えれば他の輸入品と同じくらいかそれ以下の単価と言えそうです。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を食べてみよう

さて、いかがでしょうか。

この記事を読んで、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」が気になった方は、是非一度試してみて頂きたいと思います。

僕は今回スーパーで購入しましたが、近くで販売しているお店が見つからない、外出が面倒くさいという方は通販で購入されるのが良いかもしれません。

 

以上、〈フランス製〉「Brets(ブレッツ) ポテトチップス チェダーオニオン味」を食べてみた、でした!

-ポテチレビュー
-, ,

© 2021 ポテトチップス王国 Powered by AFFINGER5