ポテチレビュー

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」を食べてみた

こんにちは。ポテトチップス王子です。

先日、スーパーへ買い物に行った際に、店頭で「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」が販売されているのを見かけました。

以前、「Brets(ブレッツ) コンテチーズ味」を実食しましたが、その時の濃厚なチーズの味わいを思い出しまして、他のフレーバーも食べてみたいと思い購入することにしました。

今回は、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベール味」を実食した感想と評価についての記事を書いていきたいと思います。

 

スーパーで本商品を見かけて購入を迷っている方や、普段あまり食べないポテトチップスを試してみたいという方は、是非参考にしてみて下さい。

それでは記事本文に移ります。

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」の紹介

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベール味」は、フランスのポテトチップスメーカーである「Brets(ブレッツ)」が製造・販売しているポテトチップスです。

「Brets(ブレッツ)」とは?

「Brets(ブレッツ)」の歴史は、1991年にフランス北西部のブルターニュ地方で、アラン・グロン氏がジャガイモ農家と協業したことから始まります。

1995年には、ブルターニュのポテトチップス工場を一から立ち上げ、本格的にポテトチップスの製造事業がスタートします。

その後も同社は順調に拡大し、特にフランスでのフレーバー付きポテトチップス市場では2番目の地位まで高まっているようです。

 

現在は、そのフランス国内で培ったブランド力を活かし、海外への展開にも力を入れています。

また、同社は、2010年にはパーム油からひまわり油への全面切替を行い、2012年には食塩相当量を25%抑えるなど、健康と環境に配慮したポテトチップス作りを進めています。

以下の記事では「Brets(ブレッツ)」のポテトチップスをまとめて紹介していますので、興味があればチェックしてみてください。

こちらもCHECK

「Brets(ブレッツ)」のポテトチップス4種類をまとめて紹介

こんにちは。ポテトチップス王子です。   フランスでのポテトチップスの売上高は2020年にはなんと15億ドルに達していて ...

続きを見る

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」とは?

今回ご紹介の本商品は、「Brets(ブレッツ)」自慢のブルターニュ製のジャガイモに、カマンベールのフレーバーを組み合わせた一品です。

 

カマンベールチーズは、フランス・ノルマンディー地方のカマンベール村発祥のチーズで、「チーズの女王」とも呼ばれています。

表面が白かびに覆われていて中は柔らかく、トロリとした濃厚な味わいが特徴です。

今日では世界中で生産されていて、日本でもスーパーなどでよく売られています。

 

上品でクリーミーなカマンベールの味が、ポテトチップスの味にマッチするのか、とても楽しみです。

それでは実食に移りたいと思います。

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」を実食

まずは袋の表面を見てみます。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」の袋の表面

 

カマンベールをイメージしてか、薄い肌色の優しい色合いを基調としたデザインになっています。

コンテチーズ味チェダーオニオン味の鮮やかな色合いとはまた違った雰囲気です。

フレーバーに使用されているカマンベールチーズとポテトチップスのイラストが大きく描かれています。

 

袋の大きさは、内容量が一袋125グラムということで、一般的なポテトチップスの袋よりは少し大きめです。

次は袋の裏面を見てみます。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」の袋の裏面

裏面には、商品の説明と原材料表示・栄養成分表示が主に記載されています。

 

商品説明では、ブルターニュ地方をベースにして活動していることや、環境に考慮したポテトチップスであることが説明されています。

原材料は、遺伝子組み換えでないジャガイモとひまわり油がベースとなっています。

そこにカマンベールチーズパウダー、さらに玉ネギ・ニンニク・ホワイトペッパーなどの隠し味も加えられています。

 

栄養成分は一般的なポテトチップスとほぼ同じ程度ですが、若干脂質が少な目で食塩相当量が多めの印象です。

 Brets(ブレッツ)
ポテトチップス
カマンベールチーズ味
(100グラム)
一般的なポテトチップス
(60グラム)
カロリー525 キロカロリー332 キロカロリー
タンパク質6.0 グラム2.8 グラム
脂質31.0 グラム21.1 グラム
炭水化物53.0 グラム32.8 グラム
食塩相当量1.4 グラム0.6 グラム
https://calorie.slism.jp/118025/、商品栄養成分表示をもとに作成

それでは袋を開封していきます。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」を開封

 

袋を開けると、波状にカットされた白めのポテトチップスが姿を表します。

匂いを嗅ぎこむと、ジャガイモの香ばしい匂いとチーズのまろやかな匂いが混ざった良い香りがします。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」の一枚のアップ

 

一枚一枚は厚めにカットされていて、口に運ぶとザクザクの食感を楽しむことができます。

口に運ぶと、まずはカマンベールチーズをそのまま食べている時のような、まろやかで上品なカマンベールチーズの風味を感じます。

そのまま食べ進めていくと、厚切りカットのジャガイモ自体の旨味も、徐々に主張してきます。

 

塩味と油の強さは、強すぎることも弱すぎることもない、適度なバランスに仕上がっています。

食感も、口の中でトロリとした感覚を覚え、カマンベールチーズ感を醸し出しています。

一袋125グラムですが、カマンベールチーズとジャガイモがマッチした食べ飽きない美味しさで、ついつい一回で完食してしまいそうになりました。

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」の評価

僕の、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」への評価は以下の通りです。

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」への評価
おすすめ度
食感パリパリ ・・・●・ ザクザク
ボリュームボリューム大 ・●・・・ 食べきり
フレーバークラシック ・・●・・ トリッキー
価格お手軽 ・・・●・ 高級品

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」の総合のおすすめ度

総合のおすすめ度は、★4つとさせて頂きました。

ザクザク食感にカマンベールチーズとジャガイモ自体の旨味がマッチした美味しさが組み合わさり、ついつい食べすぎてしまう味わいでした。

塩味と油のバランスがよく完成度が高いこと、カマンベールのトロリとした食感が楽しめる点も高得点です。

 

とても良い商品でしたが、チェダーオニオンの方が濃厚な味わいで自分好みでしたので、こちらは★4としました。

ポテンシャルとしては★5でもおかしくない逸品です。

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」の個別要素の評価

食感は、厚切り波状にカットされたザクザク食感です。

また、カマンベールチーズがブレンドされているためか若干トロリとしている印象を受けます。

ボリュームは、一袋125グラムと一般的なポテトチップスと比べると多めです。

1人で食べられる場合には複数回に分けるか、または複数人で一緒に食べられることをおすすめします。

フレーバーは、カマンベールのトロリとした濃厚な味わいと食感を楽しむことができます。

また、基本的なジャガイモと塩の旨味も十分に楽しむことができます。

価格は、僕がスーパーで購入した時には一袋500円程度で販売していました。

やはり輸入品ということで通常のポテトチップスに比べるとお高めの価格設定になっています。

 

「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」を食べてみよう

さて、いかがでしょうか。

この記事を読んで、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」が気になった方は、是非一度試してみて頂きたいと思います。

僕は今回スーパーで購入しましたが、近くで販売しているお店が見つからない、外出が面倒くさいという方は通販で購入されるのが良いかもしれません。

 

また、「Brets(ブレッツ)」の他のフレーバーが気になる方はこちらも読んでみてください。

こちらもCHECK

「Brets(ブレッツ)」のポテトチップス4種類をまとめて紹介

こんにちは。ポテトチップス王子です。   フランスでのポテトチップスの売上高は2020年にはなんと15億ドルに達していて ...

続きを見る

以上、「Brets(ブレッツ) ポテトチップス カマンベールチーズ味」を食べてみた、でした!

-ポテチレビュー
-, , ,

© 2021 ポテトチップス王国 Powered by AFFINGER5